離婚をしようと考えた時に、

離婚後の生活で心配になることの一つがお金の問題

 

現状では残念ながら養育費を支払わない人が多いため、

養育費を当てに出来ないことが多いです。

 

そのため、シングルマザーになったら

どのくらいの手当を貰える見込みがあるのか、

知りたい所だと思います。

 

私自身も離婚を考えた時は、お金について一番心配で、

更に養育費が貰えるか分からない状況だったので、深刻でした。

 

何か助けになる制度はないかと探していました。

 

離婚が成立した現在も養育費は貰えていないので、

確認して申請をして良かった制度でもあります。

 

シングルマザーが貰える手当について紹介致します。

 

まず、最初に市区町村により、

手当や所得制限の金額が違うことがあります。

 

手当や所得制限の金額については、

同居人がいるなど家庭の状況により金額が変わることもあります。

 

そのため、市区町村の窓口に相談して、

確認することをおすすめします。

 

シングルマザーが貰える3つの手当とは?

児童手当(子供がいる家庭が対象)

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の331日まで)

の児童を養育している家庭が対象になります。

 

また、ひとり親家庭だけでなく、全ての家庭が対象の手当です。

3歳未満

一律 15,000円
3歳以上、小学校修了前 10,000円 (第3子以降は15,000円)
中学生 一律 10,000円
所得制限以上 一律  5,000円

 

受取人が父親だった場合、離婚した時には

変更の手続きが必要になることもあるので、

受取人の確認も必要です。

 

私の場合も、受取人が父親だったため、変更の手続きをしました。

私が窓口で書類にサインとハンコを押すことで変更出来ました。

 

参考記事:シングルマザーの悩みが軽くなる!今すぐ試せる悩み解消法

児童扶養手当(シングルマザーなどのひとり親対象)

 

 

ひとり親家庭が対象の手当です。

 

18歳になった最初の3月までの児童を

養育している家庭に支給されます。

 

所得審査により、手当月額が変わり、

所得制限額を超えていた場合には

手当は受け取れないなど、条件があります。

 

月額(平成314月~)

 

児童一人目

  • 全額支給(所得制限額未満)
    月額42,910円
  • 一部支給
    所得に応じて月額42,900円から10,120円まで10円単位で変動

 

児童2人目の加算額

  • 全部支給:10,140円
  • 一部支給:10,130円から5,070円まで10円単位で変動(所得に応じて決定)

 

児童3人目以降の加算額(1人につき)

  • 全部支給:6,080円
  • 一部支給:6,070円から3,040円まで10円単位で変動(所得に応じて決定)

 

児童扶養手当の額は、物価の変動等に応じて毎年額が改定されます。

 

現在は4月・8月・12月の3回の支給ですが、

2019年の11月からは1月・3月・6月・9月・11月の

2ヶ月に1回の支給に変更になっているので注意が必要です。

 

2019年                                                            2020年

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

支給

 

 

 

支給

 

 

支給

 

支給

 

支給

 

児童扶養手当は、毎年更新の手続きが必要となります。

更新時に所得制限を越えた場合には、児童扶養手当の金額が変更となります。

 

参考記事:離婚で不安な人へ!貰える5つのお金と知らない人も多い離婚の種類

児童育成手当(東京のみ・ひとり親の家庭が対象)

 

18歳到達後最初の年度末(3月31日)までの児童を

養育しているひとり親の家庭が対象の手当です。

 

東京都が行っている制度になります。

 

月額(平成31年4月~)

 

13,500円

 

2月・6月・10月に支給。

 

児童に障害がある場合、条件はありますが、

障害手当になり15,500円になることもあります。

 

参考記事:発達障害・自閉症スペクトラムの夫と離婚!夫の困った特徴3選

他にもあるこんな手当

 

 

子供に障害がある場合には

以下のような手当が対象になることもあります。

 

それぞれ条件が異なるため、

市区町村の窓口に問い合わせをして確認が必要です。

 

  • 障害児福祉手当
  • 特別障害者手当
  • 特別児童扶養手当

 

手当ではないですが、ひとり親家庭の親や

子供の医療費助成制度というものがあります。

 

市区町村ごとに行っている制度になりますので、

それぞれ条件や助成額が異なります。

 

参考記事:発達障害でも特別児童扶養手当が貰える?知らないと損!支給条件5選

最後に

シングルマザーがもらえる手当は3つ。

 

  1. 児童手当
  2. 児童扶養手当
  3. 児童育成手当

 

シングルマザーの手当には様々な制度がありますが、

特に大切なことはどれも自分から申請が必要だということです。

 

申請しなければもらえないことになりますので、

早めに市区町村の窓口に相談して申請することが大切です。

 

可能であれば、離婚を考えている段階で相談しておくと、

必要な書類など準備するものがあるので、

スムーズに手続きが出来ると思います。

 

手当があることで、シングルマザーになってからの

生活の負担を少し減らすことが出来ますよ。

 

手当だけでは心配という方は、

節約やスマホでお小遣い稼ぎをする方法もあります。

是非参考にしてみて。^^

 ↓  ↓  ↓

女性がお金を稼ぐ方法