発達障害者支援センターは各都道府県に設置されている発達障害児(者)とその家族のための支援施設ですが、知らない人も多いはず。

 

なかなか共感してもらいにくい発達障害児の育児・・・

周りのママ友には相談しづらかったり、家族の理解がなかったりで、一人で悩んでいませんか?

 

発達障害の自閉症スペクトラムの子供を持つ私が、発達障害者支援センターとはどんな所でどんな特徴があるのかを紹介します。

 

 

どういう支援を行う所?

  • 発達障害児(者)とその家族が、安心した暮らしを営むことができるよう総合的支援を行う。
  • 保健、医療、福祉、教育、労働などの関係機関と連携。
  • 地域における総合的な支援ネットワークを構築。
  • 発達障害児(者)とその家族からのさまざまな相談・指導・助言を行う。
  • 関係機関等と連携して地域における総合的な支援体制の整備を推進する。

 

発達障害の支援を受けられる施設はたくさんありますが、電話相談にも対応しているので、気軽にまず相談することが出来ます。

 

様々な関係機関と連携をしているので、相談してから必要があれば医療機関など紹介してもらえるので、最初の窓口になってくれます。

 

受けられる支援内容

 

相談支援

発達障害に関する様々な問題に関して(コミュニケーションの難しさや学校での困りごとなど)の相談を受け、指導や助言を行う。

必要に応じて、福祉制度の利用方法や関係機関を紹介する。

 

発達支援

家庭での療育方法に関する指導・助言・情報提供を行う。

必要に応じて、発達検査を実施や、児童相談所・医療機関等と連携し、支援計画を作成するなどの支援を行う。

 

就労支援

就労を希望する発達障害者に対し、就労に向けて必要な相談等による支援を行う。

必要に応じてハローワークや障害者就業・生活支援センター等の労働関係機関との連携を図る。

 

普及啓発及び研修

発達障害の特性や対処方法等について解説したパンフレット、 チラシ等を作成し、 児童発達支援センター等各種支援機関、学校、幼稚園、保育所、医療機関、企業等へ配布するなど、地域住民に対する普及啓発を図り、発達障害児者に関する理解の促進に努める。

また、支援機関等の職員等を対象に研修を実施する。

 

 

どうやって利用するの?

 

発達障害者支援センターは、各都道府県にありますが、場所により数カ所ある場合もあります。

 

まず管轄の発達障害者支援センターに電話相談するのをおすすめします。

直接来所して相談することになった場合には、これまでの様子が分かるものがあると、説明する時に便利です。

 

利用する前に準備すると便利なもの

  • 母子手帳、育児日記など家での様子が分かるもの。
  • 幼稚園などの連絡帳や学校の通知表など、幼稚園や学校での様子が分かるもの。
  • 困りごとを紙にまとめておく。
  • 気になることを紙にまとめておく。

 

最初、育児相談に行く際、母子手帳などが必要なことを知らなくて・・・

家まで慌てて戻った経験があります。準備をきちんとして、私のように慌てないようにして下さいね。

最後に

  • 発達障害者支援センターは発達障害児(者)と家族の総合的な支援施設。
  • 相談、指導、助言などを行い、必要があれば関係機関を紹介する。
  • まず、住まいのある管轄の発達障害者支援センターへ電話相談する。
  • 生育歴が分かる母子手帳などを用意する。

 

発達障害の子供を持つ親はあれこれ悩みが多く大変です。

とにかく、どこか支援してくれるところに相談するだけで、心は軽くなります。

 

私は夫の理解がなく、一人で悩んでいた時にはとても苦しく、怒ったり、泣いたり・・・

情緒も不安定でした。

 

育児相談を利用し、発達障害の病院を受診し、発達障害について理解し始めて、育児が少しずつ楽しめるようになりました。

 

育児や困りごとに悩んでいる場合にはまず、発達障害者支援センターへ相談してみませんか。

 

>>アスペルガーADHD発達障害改善するには

>>発達障害の2次障害とは?おすすめの対処法7選

>>発達障害でも特別児童扶養手当が貰える?知らないと損!支給条件5選