自閉症スペクトラムの子供の走り方が他の子供となんだか違うな、

他の子供と比べて運動が苦手そうだな

と感じることはありませんか?

 

もしかしたら、それは発達障害の特徴のせいかもしれません。

 

私の子供は自閉症スペクトラムで、走り方がぎこちなく、

鉄棒や縄跳びがとても苦手でした。

 

そんな運動が苦手だけど、運動が大好きな子供のために、

試した克服法を紹介します。

 

みんなが簡単に出来ることが苦手??

 

  • 腕を振って走れない
  • 走り方がぎこちない
  • スキップが出来ない
  • 鉄棒が出来ない
  • 縄跳びが出来ない

 

このような運動が苦手だったり、出来なかったりしませんか?

 

子供の努力が足りない訳ではなく、

それは発達性協調運動障害が原因かもしれません。

 

私の子供は走り方がぎこちなく、違和感がありました。

本当に不器用で鉄棒や縄跳びも出来ませんでした。

 

本人が諦めているからなのか・・・

もしくは、甘やかしすぎたしつけのせいかもと

思い悩んでしまう時もありました。

 

でも、発達障害の病院の先生とのやり取りで

勘違いだったことが分かりました。

 

発達障害のために、上手く出来なかったと知った時は

胸が痛みました。

 

「ちゃんとやりなさい!」と怒った事を後悔しました。

 

やりたかったけど出来なかっただけだったのに、

かわいそうなことをしていたと、無知な自分が情けなかったです。

 

参考記事:自閉症発達障害とスイミングの知らないとまずい!関係と3つの効果

発達性協調運動障害とは

発達性協調運動障害とは、

別々の動作を同時にする時にぎこちなかったり、

うまく出来なかったりすることをいいます。

 

普段何気なくやっていることも、

二つのことを同時にやっていることは多いです。

 

また、自閉症スペクトラムの子供は、

発達性協調運動障害が起こることが多いです。

 

  • 走る  腕を振る+足を動かす
  • 縄跳び ジャンプ+縄を回す

 

自閉症スペクトラムの子供が体の動かし方が不器用だったり、

体の力の入れ具合のバランスが悪かったりします。

 

体の動かし方が不器用だと、

周りの人に笑われるのがきっかけで、運動が嫌いになったり、

いじめや不登校になったりする場合もありますので、

発達性協調運動障害を理解して、対処することが必要です。

 

参考記事:発達障害の子供は絵が下手!?私が試した克服法を紹介します!

遊びながら協調運動を育てよう!

 

作業療法士の先生に私の子供の様子を見て貰ったことがあります。

 

色んな体験を通して、全身運動で体に力を入れる練習をしたり、

細かい動きをして上手く出来るよう力を調整したりすることが

必要だと言われました。

 

例えば

  • トランポリン
  • スコップで土を掘る
  • リトミック
  • 料理を取り分ける

 

トランポリンは、どのくらいの力で、どのくらいの早さで、

どうやると上手く行くのかなど、色々調整する必要があります。

 

子供自身が試して発見していくことが大切です。

色んなことに挑戦し、時には失敗したりしながら、成長して行きます。

 

最初からやり方を教えてしまうと考える力が育たないので、

やってみて難しい場合には、アドバイスをするようにしましょう。

 

自宅でトランポリンを跳んだり、

料理・掃除・洗濯物をたたむなどのお手伝いをしたり、

色んなことを少しずつやりました。

 

「手伝ってもらうと助かる!」

とアピールして出来ることを増やして行きました。

 

色んな経験と子供の成長により、

私の子供の気になっていた走る格好のぎこちなさは

少しずつなくなってきています。

 

小学校に入り、「マラソン大会で一番になる!」

と張り切って練習する子供を見ていると、嬉しくなります。

 

以前よりも活発になり、運動や体育も好きになりました。

鉄棒は逆上がりまで出来るようになり、今は縄跳びにチャレンジしています。

 

参考記事:発達障害の2次障害とは?おすすめの対処法7選

最後に

  • 走り方がぎこちないないのは発達性協調運動障害せいかも
  • 発達性協調運動障害は同時に別々の動作をするのが苦手
  • 色んな体験から体のバランスや力の入れ方などを勉強しよう

 

体を動かすことで、体だけでなく精神的な成長にも繋がります。

 

子供の興味のあることから始めて、色んなことに挑戦して、

やれることを増やし子供の自尊心を高めましょう。