専業主婦をしてるということは、旦那さんに養われた状態です。

 

その状態から離婚するにはどのように準備したらいいのでしょうか。

専業主婦が離婚するということ

専業主婦には稼ぎがありません

ということは、自分の自由になるお金も少ないということになります。

 

いくら家計を任されてるからといって、全てが思い通りにいくわけでもありません。

離婚には先立つものがいります。何もない状態では離婚をすることはできません。

 

お金は当然のことながら、住むところも必要になります。今後一人で生計を立てていくとなると、仕事も探さなくてはなりません。

 

どんな準備が必要になってくるのでしょうか。

専業主婦がお金を貯める

まずは絶対的に必要なお金です。どういった項目のお金が必要になってくるのでしょうか。

 

生活費

今後自分が生活していく上でのお金です。

食費、光熱費、スマホ、住むところによっては家賃も発生します。

 

車を持つことで維持費もかかってきます。そのほかに自分が入ってる保険等はありませんか?

子供がいる人は、子供の学資保険等はどうなっているでしょうか。

 

一か月にどれほどの金額がかかるのか計算してみるのが大事です。

 

自分が他県に引っ越した場合、仕事を探すまで無職になってしまいます。

何か月分のお金を持っておかなくてはいけないのか分かりやすいのではないでしょうか?

引っ越し費用

離婚が決定して家を出る際、誰かが手伝ってくれるのであれば謝礼などが必要になってくるでしょう。

 

引っ越し業者を頼んだ際も料金が結構かかってきます。

 

自分がどのくらいの荷物を持って、どのくらい離れた場所に住むかによって金額に差が出てきます。

見積もりを出してもらうのも目安が出来ていいと思います。

 

アパート、マンションを借りる費用

アパートやマンションを借りるときは、家賃のほかに敷金礼金が必要になってきます。

 

最近は敷金礼金が0円のところも増えてきましたが、不動産屋を介して入居することで仲介手数料がかかってきます。

 

車を所有しているのであれば家賃にプラスして駐車場代もかかります。

 

その建物によっては月々管理費用も取られるところもあります。

火災保険に入るところもあります。

 

そういったものも含めた金額を算出しておきましょう。

専業主婦が離婚するためにお金を貯める

さて、どのくらいのお金を持って出ればいいのか、なんとなく予想はついてきたでしょうか?

 

そうなると、離婚するまでにどのようにお金を貯めていけばいいのでしょうか。

 

何かパートをしてお金を貯めますか??

それとも、月々の家計からこっそりと自分の口座に移しますか??

 

ここで、落とし穴があるのです。

 

私も実際離婚調停に入り弁護士に依頼をしているのですが、財産分与のことに関して話が出た際、家を出た後の生活費はどうしていたのか聞かれました。

 

私は自分専用の通帳を作り、そこに自分の両親からもらったお金などを何年もかけて20万程度貯めてきていました。

それプラス手持ちで持っていた現金を使って生活していたことを伝えると、その自分の親から貰ったというお金だということは証明できるのかと聞かれました。

 

両親に会った際に手渡しで現金を受け取り、自分のもしもの為に貯めてきたお金だったので証明することはできないと伝えると、それも財産分与に入ってしまうから分けなくてはいけないと言われました。

 

生活費からは一切取ってないと伝えても、それでも証明できないと財産分与に入りますとのことでした。

 

つまり、お金を貯める際に大事なことは「旦那には一切関係のない財産分与に当てはまらないお金である」ということの証明が大事になっていきます。

 

やり方としては、面倒でも通帳に母親名義なり毎月きっちりと入金されている記録があると財産分与に当たらないそうです。

 

きっと他人ではいけないのでしょう。しっかりと自分の両親や祖父母からの財産分与としての記録が大事になってくるようです。

 

 

さいごに

折角貯めて家を出たのに、そこまでも財産分与で持ってかれては本当に困ってしまいます。

離婚後というのは思わぬところでお金が必要となってきます。

なので、自分の守れるお金はしっかり守っていきましょう。

 

>>女性がお金を稼ぐ方法

 

>>シングルマザーの悩みが軽くなる!今すぐ試せる悩み解消法