発達障害の子供を持つ親は、

子供に何か習い事をさせたいと思っても

なかなか決められないなんてことはありませんか?

 

実際に、発達障害自閉症スペクトラムの子供を持つ私も

習い事をさせたいと思っていても、

何度も諦めた経験があります。

 

そんな親である私が、子供を公文に通わせようと思った理由や

発達障害の子供を通わせる時に気になることを本音で紹介します。

 

公文ってどんなところ?

  • 自分で問題を解く力を付ける
  • 年齢は関係なく、一人ずつに合わせた楽に解ける問題から始める
  • 楽に解ける問題から始め、少しずつ難しい問題に挑戦していく
  • 最終的には学年を越えて高校教材を早く学習をすることが目標

 

公文では障害児教育もしているとHPに書いてありますが、

全ての教室で受け入れているわけではないようです。

 

まず、電話をして受け入れをしている教室を確認する必要があります。

 

私は知らなかったので、家の近くにある公文に直接電話をしました。

発達障害で自閉症スペクトラムの子供だと伝えました。

 

発達障害の子供を何人も見てきている先生で、

 

「必ず、成長して伸びていきます。

お母さんのサポートは必要ですが、

ちゃんと座って勉強出来るようになります。」

 

と力強く話をしてくれる先生に頼もしく感じ、

この先生ならばお願いしたいと思いました。

 

参考記事:自閉症スペクトラムは小学校の普通学級?知っておきたい就学先4選

公文で勉強すること

 

計算するプリントや文章を読んだり、

文字を書いたりするプリントがありますが、

プリントばかりやるイメージではないですか?

 

実は違います。

 

数字盤・ことばカード・パズルなど、鉛筆を使わない勉強もあります。

 

私の子供は、幼稚園から通っていたのですが、

プリントよりもこういった勉強がすごく好きなので、

先生に「もっとやりたい!これもしたい!」

などと言っているようです。

 

始める年齢や場所によっては、

内容が異なる場合もあると思いますが、

様々な体験をすることで成長を促すことにもなります。

 

他にも鉛筆を使って楽しみながら、

書く力を付けるための運筆というプリントがあります。

 

私の子供の場合、鉛筆を上手く使えていなかったので、

字が汚かったのですが、公文のプリントをやるようになり、

手の使い方を覚えて字が少しずつ綺麗になっていきました。

 

参考記事:学習障害で漢字が苦手!?読み書き克服法8選

公文って実際どうなの?

 

  1. 宿題をやった分シールを貰えて、ご褒美と交換
  2. (夏休みなどに交換会があり、くじを引いたり、おもちゃやお菓子に交換したり出来る)
  3. テストで合格すると賞状が貰える
  4. 小学校のように先生の話をみんなで聞くことがない
  5. 一人ずつプリントを進めるので、周りに合わせる必要がない
  6. プリントに花丸や100点と書いて貰えて、目に見えて褒められる

 

ですが、発達障害の子供には難しそうな所もあります。

 

  1. 公文は週2回教室に通い、週5回家で宿題をやる=毎日勉強する
  2. 繰り返し同じプリントをするので飽きてしまう
  3. 生徒の人数が多いとガヤガヤしているので、気が散りやすい
  4. 人の出入りが多いので気になるやすい
  5. 公文の宿題は親が一緒に付きっきりでやることもあるので、親が大変になるかも

 

私の子供はご褒美目的で宿題を頑張っていましたが、

同じプリント繰り返しが多いので飽きてしまいやすく、

家でやる気と集中力を続けさせるのが難しいです。

 

ですが、公文の教室では頑張っています

 

入学前なら小学校のような勉強する雰囲気を味わえるので、

小学校の練習になるかもしれません。

 

公文に幼稚園から通い始め、

小学校入学までに集中力と勉強する習慣、

椅子に座るということに慣れたのが、

良かった所だと思います。

 

小学校に入学してからは、公文の宿題に、

小学校の宿題があるので、

毎日家で勉強することが増えてしまい・・・

大変そうです。

 

家での勉強は親のサポートが必要になるので、

仕事などで忙しい場合、親の負担になる可能性もあります。

 

参考記事:発達障害・自閉症スペクトラムの夫と離婚!夫の困った特徴3選

最後に

  • 公文はひとりずつに合わせた問題から始めて、自分で問題を解く力を付けるのが方針
  • プリントの他にも色んな体験が出来る(数字盤・ことばカード・パズルなど)
  • 発達障害の特性が合う所と難しい所がある

 

私は公文に通わせて良かったなと思います。

 

ですが、子供と公文のやり方の相性もありますし、

子供と先生の相性があると思います。

 

なので、まず公文の体験学習をすることをおすすめします。

 

公文に通うことで、

勉強が好きになるきっかけになるかもしれませんよ。