自閉症スペクトラムの特性の一つに「自傷行為」という頭を壁や床にぶつけたり、自分の腕を噛んだり、自分の体を自ら傷つけることがあります。

 

自閉症スペクトラムの子供を育てる私が、自傷行為をする原因や対処法について、体験談と一緒に紹介します。

 

自傷行為とは

自閉症スペクトラムの自傷行為とは、緊張や不安などの心理的苦痛が耐えきれないということから起こります。

 

心理的苦痛の感じ方を鈍くするために、自分で自分のことを傷つけてしまうことです。

 

自閉症スペクトラムの自傷行為には・・・

 

  • 頭を壁や床にぶつける
  • 頭や体を叩く
  • 髪の毛をむしる
  • 腕を噛む などがあります。

 

私の子供も、幼稚園時代に自傷行為がありました。

 

幼稚園に馴染めなかったり、言葉は単語が数個しか出ていない状態だったり、自閉症スペクトラムの子供にとってはストレスがすごく多い状態でした。

 

「頭をフローリングの床に打ち付ける」や「頭を拳で叩く」などの自傷行為がありました。

 

コミュニケーション能力も低かったため、大人の指示も入らず、当時は理由も原因も分からず、困り果てていました。

 

自傷行為をしてしまう理由

 

ストレス

不安や緊張からストレスを感じることが原因となります。

 

こだわりが強い子供の場合には、こだわりを無理矢理辞めさせようとすることも、自傷行為のきっかけになります。

 

感覚過敏

一般的には特に気にならないことでも、感覚過敏の場合にはオーバーかと周囲から思われるくらい、不快に感じることがあります。

 

特定の音やにおい、触感など、人によりの苦手なものが違います。

 

触られるだけで痛いと感じる子供もいるため、嫌がることを無理矢理慣れさせようとするのは良くありません。

 

自分の気持ちを伝えるのが苦手

言葉の遅れやコミュニケーション能力が低いために、上手く相手と会話が通じないことがあります。

 

相手が内容を理解してくれない、思う通りに説明出来ないなどのストレスなどから自傷行為を行います。

 

私の子供は、こだわりが強く、自分の中で様々なルールを作っていたり、気持ちの切り替えがスムーズに出来ずに癇癪を起こしてしまったり、とにかく、きっかけも分からない状態でした。

 

自傷行為への対処法

 

過剰な反応はしない

自傷行為をすると大人から関心を持って構ってもらえると勘違いさせないために、過剰な反応はしないようにします。

 

落ち着いてから、静かなトーンで話しかけます。

 

安心・安全な環境にする

周りにいる子供を遠ざけたり、自傷行為をしている子供を別な場所へ移動させたりなど、2次被害を防ぐようにします。

 

ケガをしないように、大人の手やクッションで頭を守ります。

床はジョイントマットを敷くなど対応する。

 

原因をなくす

イヤーマフ、帽子などで苦手な音を遮ったり、大きな音が苦手な場合には小さくして欲しいと自分から言えるようにしたり、自分で対応出来るようにするのも一つの方法です。

 

 

保健師さんや発達障害専門の医師に相談し、対策することで自傷行為は減っていきました。

 

とにかく言われたのは、ケガをしないように対応すること、過剰な反応は逆にご褒美となり、自傷行為を促すことに成りかねないのでしないことを言われました。

 

ケガをしないようにフローリングの床にはジョイントマットを敷き、頭を拳で叩こうとする時にはクッションを乗せるなど対応しました。

 

パニックの原因をなくすために、大きな音が苦手なため、子供がたくさん集まるような時には帽子やパーカーのフードをかぶり子供が自分で対応するように教えました。

 

言葉の成長と様々な経験をしたことで、自分で対応出来るようになり、少しずつ自傷行為は減っていきました。

 

最後に

  • 自傷行為=心理的苦痛の感じ方を鈍くするため、自分で自分のことを傷つけてしまうこと。
  • ストレス、感覚過敏、コミュニケーションの難しさなどが自傷行為の原因となる。
  • 自傷行為への対応は、①過剰な反応はしない②安心・安全な環境にする③原因をなくす。

 

私の子供は小学生になりましたが、今でも大きな音は苦手です。

 

ですが、今は自分の両手で耳を塞いで音量を調節したり、騒がしい場所には近寄らずに静かな場所で静かに遊ぶことを選んだりするようになりました。

 

自傷行為の原因を理解し、対処法を行うことで、自閉症スペクトラムの子供が楽しく過ごせるようになりますよ。

 

自閉症スペクトラムには構造化がおすすめ!5つのポイントとは!?

発達障害の子供が偏食!大人が理解すべき偏食になる5つの理由とは