自閉症スペクトラムと言っても、たくさんの症状があります。

 

人により症状の出方や強さが異なりますが、

どんな症状がいつからあるのかなど理解することで、

早期発見に繋がります。

 

自閉症スペクトラムの子供を持つ私が、

自閉症スペクトラムいつから分かるのか、

どんな特徴があるのかを紹介します。

 

自閉症はいつから分かる?

 

自閉症スペクトラムの特徴が目立ち始めるのは

23歳が多いですが、家庭内では自閉症スペクトラムだと

気付いて病院に行く人は多くありません。

 

三歳児検診や集団生活(幼稚園や小学校など)で指摘され、

気付くことが多くなっています。

 

私の子供も幼稚園へ入学して、周りの子供と比べた時に

成長の遅れがこんなにもあったということが分かり、

ショックを受けました。

 

前々から公園などで他の子供と遊ばなかったり、

言葉が遅かったり、エレベーターやドアにこだわりがあったり、

自閉症スペクトラムの特徴がたくさんありましたが、

そもそも自閉症スペクトラムを知らなかったので、

分かりませんでした。

参考記事:自閉症スペクトラムの特徴は3歳までに現れる?見逃せない7つの特徴

自閉症スペクトラムの特徴的症状

 

コミュニケーションの難しさ

  • 言葉の遅れがある。
  • ひとり遊びが好き。
  • クレーン現象=人の手をクレーンのアームのように操作すること。
  • オウム返しをする。

 

こだわりの強さと変化が苦手

  • 特定のものへの異常なこだわり(エレベーター、ドアなど)
  • こだわり行動=同じ服を着続ける。同じ料理を食べ続ける。
  • 予定の変更に癇癪やパニックを起こす。
  • 偏食や少食が極端にある。いつもの食べ慣れた味や見た目へのこだわりがある。
  • 常同行動=くるくる回る、手をパチパチたたく。
  • 変わった行動=手をひらひらする、つま先立ちなど。

 

感覚過敏や感覚鈍磨

  • ケガをしても気付かない。痛がらない。
  • 音に敏感に反応して、嫌がる。耳を塞ぐ。
  • 気温に鈍感で、寒くても上着を着ない。

 

私の子供が自閉症スペクトラムだと診断を受けてから、

自閉症スペクトラムの特徴を確認しましたが、

たくさん当てはまりました。

 

その中でもこだわりが強くあったものがあります。

 

  • エレベーターを見たら何度も乗ったり降りたりする。
  • ドアや窓を何度も開けたり閉めたりする。
  • 同じ服ばかり着たがる。
  • 食事は唐揚げ・ポテト・卵焼き・ウインナー・チーズなど特定のものしか食べない。
  • 水遊びが好きで、どこでも水道からなかなか離れない。
  • 気温に鈍感で家の中ではほとんど裸。

 

成長と共に徐々にこだわりは減り無くなっていきましたが、

今でもこだわりが少し残っている部分もあります。

 

今は特に給食が苦手で苦労しています。

 

見た目が良くないと食べようとチャレンジ出来なかったり、

初めての料理には拒否反応が出てしまったり

家では食べられるものでも給食では食べられなかった

ということがあります。

 

子供が自分で作ってみたり、外食でチャレンジしてみたり、

工夫して食べられる給食が増えるようにしています。

 

参考記事:自閉症スペクトラム障害の特徴とは?赤ちゃんの8つの症状

最後に

  • コミュニケーション・こだわり・変化が苦手・感覚過敏・感覚鈍磨という特徴がある。
  • 自閉症スペクトラムの特徴が目立ち始めるのは2~3歳が多い。
  • 三歳児検診や集団生活で指摘され、気付くことが多い。

 

自閉症スペクトラムだと診断を受けることが

子供自身、そして、家族の助けにもなります。

 

自閉症スペクトラムの子供にはサポートが必要です。

 

子供が困りごとやストレスに悩まされないためにも、

自閉症スペクトラムへの理解が大切です。

 

早期発見することで、成長や周りのサポートによって

症状が軽くなったり、特性が目立たなくなったり、

経験から適応出来るようになることもあります。

 

子供の様子で気になることがある場合には、

育児相談などを利用して誰かに相談してみましょう。

参考記事:発達障害者支援センターとは?支援内容や利用方法を紹介