小学校に入学してから、気付くことが多い学習障害

実は、発達障害のひとつです。

 

字を書くこと・本を音読することなどがうまく出来ないということはありませんか?

もしかしたら、勉強が嫌いだったり、怠けていたりするわけではなく、学習障害かもしれません。

 

発達障害の子供を持つ私が、学習障害について紹介します。

学習障害(LD)とは

発達障害には、自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、ADHD、学習障害(LD)があります。

 

それぞれ、特徴は違いますが、発達障害は脳の機能障害です。

親の育て方やしつけが問題でおこるわけではありません。

 

学習障害とは、知的発達の遅れはないが、聞く・読む・話す・書く・計算する・推論するなどの能力の中で、特定の能力の取得と使用に、著しい困難を示すことです。

 

6つの認知する能力の障害です。

特性は一人ひとり異なります。

 

特定のことだけが出来ないので、努力不足や怠けているなどと、誤解されることが多く、小学校の入学をきっかけに気付く人が多い発達障害です。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル(自閉症スペクトラム障害ASD対応)

 

学習障害の6つの特徴

聞く

 

  • 会話が理解出来ない
  • 文章の聞き取りが出来ない
  • 単語の聞き間違いが多い
  • 長い話が苦手
  • 長い話に集中出来ない
  • 言葉を復唱出来ない

 

読む

 

 

  • 文字や単語を発音出来ない
  • 間違った発音をする
  • 文字や単語を抜かして読む
  • 読むのが遅い
  • 文章の音読は出来るが、意味が理解出来ない

 

話す

  • 筋道を立てて話せない
  • 文章になると上手く話せない
  • 話に余計なことが入ってしまう
  • 言いたいことを上手く話せない

 

書く

 

 

  • 文字が書けない
  • 誤った文字を書く
  • 単語が書けない(間違えて書く)
  • 単純な文章しか書けない
  • 文法の間違いが多い
  • 鏡文字を書く
  • 文字のバランスが悪い

 

計算する

 

  • 数字の位が理解出来ない
  • 繰り上がりや繰り下がりが理解出来ない
  • 暗算が出来ない
  • 九九を暗算しても計算に使えない

 

推論する

 

 

  • 算数の応用問題や図形問題が苦手
  • 因果関係の理解や説明が苦手
  • 長文読解が苦手
  • 直接示されていないことを推測するのが苦手

 

学習障害の多くはディスレクシア(読み書き障害)の問題を抱えています。

 

学習障害とADHD、学習障害と自閉症スペクトラムを合併することが多く、また学習障害の子供は運動が苦手だったり、手先が不器用だったりすることが多く、子供同士の遊びなどでも、からかいやいじめの対象になることがあるので注意が必要です。

苦手を克服するために試したこと

私の子供の場合、特に聞く・話す・書くということが苦手です。

 

聞く=会話の聞き取りや理解が難しく、集中力もないため、長い話が苦手。

話す=言葉の遅れがあり、筋道を立てて話せない。自分の気持ちを話せない。

書く=手先の不器用さと空間認知が難しく、マスの中に文字をバランス良く書けない。

 

試してみた方法

  • 公文に通って、文字や数字に慣れさせる。幼稚園の時から、集団で勉強する体験をした。
  • 公文で迷路や文字、数字のなぞり書きを繰り返すことで書くための手の力をつけた。
  • 家では本の読み聞かせを行い、本や文字への興味を持たせた。
  • 手先の不器用さの克服のため、同時に2つの動きをする運動をさせた。(縄跳び、鉄棒など)
  • 文章問題が苦手なため、文章を一緒にゆっくり読んであげた。

 

小学校1年生の現在、勉強で小さなつまずきがたくさんあります。

ですが、小学校の担任の先生の協力もあり、学校で勉強を楽しめているようです。

 

小学校では、問題に正解するとシールが貰えるということで、意欲的に参加しています。

繰り返し練習することで、苦手は少しずつ減ってきています。

 

最近は文字に興味があるようで、テレビ番組を見る時には字幕をつけて見るというのを自分からやり始めました。

聞こえた音と文字を一緒に確認出来る所が好きなようです。

まとめ

  • 学習障害は発達障害のひとつ。
  • 学習障害とは、知的発達の遅れがないが、聞く・読む・話す・書く・計算する・推論するなどの能力の取得と使用に著しい困難を示すこと。
  • 学習障害とADHDと、学習障害と自閉症スペクトラムを合併することが多い。
  • 学習障害はサポートにより、困難さを和らげることが出来る。

 

学習障害の場合、様々な問題が現れ、本人も周囲も悩みやつらさを抱えることになりがちです。

更に、成長に伴い悩みやつらさは変わっていきます。

 

周囲の人が適切の対応を行うことで、本人の困難さを減らすことが出来るので、そのためにも、学習障害の特徴や本人の困難さを理解することから始めましょう。

>>発達障害でも特別児童扶養手当が貰える?知らないと損!支給条件5選

>>学習障害で漢字が苦手!?読み書き克服法8選