知的遅れがないのにも関わらず、漢字をマスの中にバランスよく書けなかったり、漢字を覚えることにすごく時間がかかったり、漢字を書いたり、読んだりすることが苦手で困っていることはありませんか?

 

努力不足や怠けているわけではなく、もしかしたら、発達障害のひとつの学習障害が原因かもしれません。

 

発達障害の子供を持つ私が、学習障害について紹介します。

学習障害とは

 

学習障害とは、知的発達の遅れがないのにも関わらず、聞く・読む・話す・書く・計算する・推論するなどの能力の中で、特定の能力の取得と使用に、著しい困難を示すことです。

 

6つの認知する能力の障害で、特性は一人ひとり異なります。

 

特定のことだけが出来ないので、努力不足や怠けているなどと、誤解されることが多く、小学校の入学をきっかけに気付く人が多い発達障害です。

読み書き障害(ディスクレシア)とは

知的発達の遅れはないがないのにも関わらず、読み書きの能力の取得と使用に、著しい困難を示すこと。

 

学習障害の中には種類がありますが、漢字が苦手な場合には読み書き障害ディスクレシアが考えられます。

 

読む

 

  • 間違った発音をする
  • 文字や単語を抜かして読む
  • 読むのが遅い
  • 文章の音読は出来るが、意味が理解出来ない

 

書く

 

  • 文字が書けない
  • 誤った文字を書く
  • 単純な文章しか書けない
  • 文字のバランスが悪い

 

私の子供の場合には、毎日学校の宿題で本読みをしていますが、文字や単語を抜かして読んだり、語尾を勝手に変えて読んだり、文章の音読は出来ますが、意味が理解出来ないということがよくあります。

 

算数の文章問題も苦手です。

 

また、誤った文字を書いたり、文字のバランスが悪かったりするので宿題をやるのにもとても時間がかかります。

読み書き障害(ディスクレシア)の克服法

 

文字を読むことに困難がある場合には、読む力だけでなく、理解力、注意力や目の動きなども必要不可欠です。

 

文字を書くことに困難がある場合、書く力が弱い可能性があります。

濃い鉛筆や軸が三角の持ちやすく書きやすい鉛筆を利用しましょう。

書くことに困難がある場合には、手先の不器用さや目で見る力が弱い場合があります。

 

  1. 読む行に集中させるため、読んでいるところを指で追いながら読む。
  2. 読み間違いは、単語や文節を/(スラッシュ)で区切る。間違えやすい言葉を丸で囲む。
  3. 点と点を線でつないで図形を書き、線を書く練習をする。
  4. 簡単な図形を同じように真似て書く。(見る力をつける。)
  5. 文字や図形のなぞり書きをする。迷路を鉛筆で書く。(鉛筆の動かし方を学ぶ。)
  6. 大きいマスに書くことから練習する。(大きく書くことで書きやすくなる。)
  7. 漢字をへんとつくりに分けて、それぞれの意味から理解する。
  8. とにかく、書いてみる。(何度も練習することでバランスや形が取れるようになる。)

 

現在小学校1年生の私の子供は克服法を試し、なんとか読める文字が書けるようにはなりました。

ひらがなは曲線が多く未だに苦手ですが、漢字は直線が多いので書きやすいようです。

 

漢字の辞典がお気に入りで漢字の成り立ちや漢字の例文に興味があり、そこから漢字が好きになりました。

また、最近は歌がすごく好きなのでアニメの歌詞をノートに書き写す練習をしています。

まとめ

  • 学習障害=知的発達の遅れがないが、聞く・読む・話す・書く・計算する・推論するなどの能力の中で、特定の能力の取得と使用に、著しい困難を示すこと。
  • 読み間違いには、読んでいる所を指で追うことや、文節を区切るマークを書くなどする。
  • 書くことが苦手な場合には、書きやすく持ちやすい鉛筆で書く力を付ける。
  • 漢字を書く時には大きなマスに書く。へんとつくりに分けて学ぶ。

 

読みも書きも、何度も練習することで少しずつ良くなっていきます

 

間違いを何度も注意したくなりますが、子供自身のやる気や自尊心が低くなりかねません。

 

まず、完璧でなくても書いたり、読んだりした時にはきちんと褒めてあげましょう。

褒められることで子供の自信に繋がって、漢字を読んだり書いたりするのが上達していきますよ。

 

学習障害(LD)って何?6つの特徴とは・・・

自閉症スペクトラムが「並べる」こだわり行動の驚くべき理由とは!?