私の子供は自閉症スペクトラム障害です。

 

ですが、診断を受けるまで、全くどんな病気なのかも知りませんでした。

 

診断を受けた時、正直、ショックでした。

どうして私の子供が・・・と、悲しくなりました。

 

ですが、それまでずっと育てづらさを感じていました。

他の子供より言葉が遅れている癇癪などの問題行動もありました。

 

なので、やっと解決の糸口がつかめると思いましたが、これから先、私達家族の未来がどうなるか、不安でもありました。

 

知らないことには不安になりがち。きちんと病気を理解して、子供と楽しく向き合えるようになりたいと思った私が紹介します。

 

自閉症スペクトラム障害ってどんな病気?

 

自閉症スペクトラム障害(自閉症スペクトラム症、ASD)は、発達障害の一つです。

 

今までは、自閉症アスペルガー症候群高機能自閉症など、たくさんの診断名に分かれていました。

 

ですが、実際には一人一人症状が多様なため、診断名を明確に分けるのが難しい状況でした。

そのため、自閉症、アスペルガー症候群、高機能自閉症などを含めて、自閉症スペクトラム障害に統合されました。

 

スペクトラムは、虹という意味です。明確に分けられない、虹のように境界線が曖昧で連続した集合体として、幅広く考えられています。

 

自閉症スペクトラム障害の特徴的な症状

 

社会性がない

同年代の仲間関係を作るのが苦手。場の空気を読めない。人の気持ちを読めず、相手が嫌がることを言ってしまう。言葉の裏を読むことが出来ずに、言葉を文字通りに受け取る。

 

コミュニケーションが難しい

他人の気持ちを想像するのが苦手。オウム返しや、一方的に話すなど、会話が成立しにくい。相手や状況に合わせた言葉遣いが出来ない。

 

想像力の欠如

行動や興味が限定的で異常に熱中する。変化に弱く、臨機応変に対応することが苦手。いつも通りを好むため、予定変更にパニックになる。習慣や手順にこだわりがち。ドアを何度も開け閉めする・くるくる回るなどの常同行動をする。

 

私の子供の場合の症状

子供一人一人症状が異なりますが、参考に、私の子供の場合の症状をまとめました。

 

  • 同年代の子供よりも、上級生や大人と遊びたい。同年代の中だとひとりで好きなことをやることが多い。
  • 相手の気持ちを考えず、相手が興味のない話でも一方的に話しがち。
  • おもちゃを一列に並べるのが好きで、棚にはこだわって綺麗におもちゃを並べている。
  • 予定変更にパニックを起こす。
  • ドアや窓、エレベーターに異常な執着をする。
  • 服は自分で選んだ特定の物しか着ない時期があった。

 

私の場合、親としての葛藤・・・

 

初めて成長が遅れていることに気付いたのは、幼稚園に入った三歳の時でした。自分の子供と、周りの子供達と比べて、あまりの違いにショックを受けました。

 

みんな先生の話を聞いて楽しく手遊びしているのに、どうして私の子供は一人教室の中に入らないの?育て方がいけなかったと、自分を責めるようになりました。

 

それに、他の親や近所の人から「わがままな子供」「また暴れている」などと思われているのではと悩みました。子供と一緒に出掛けるのは、苦痛で、家に引きこもることが多くなりました。

 

でも、このままでは私も子供もダメになりそうだと思ったので、相談することにしました。保健師、幼稚園の先生、発達障害の病院の先生、色んな人にたくさん相談しました。涙を流しながら、子供の状態、自分の気持ちなどを話ました。

 

相談を聞いてくれた先生方は、本当に真剣に話しを聞いてくれ、たくさんのアドバイスもくれました。そして、みんなと同じじゃなくてもいい、違ってもいいと思えるようになりました。困りごとや問題行動があって、ちゃんと子供自身を見られなくなっていたことに気付きました。

 

その頃、発達障害の病院で、自閉症スペクトラム障害だと診断を受けました。

 

「自閉症スペクトラム障害という特性のせいなだけ。私も子供も悪くない。ただ、周りの子供たちよりも成長がゆっくりで、少し不器用な所があるだけ。」だと考えたら、他の子供と比べようとは思わなくなりました。

 

最後に

  • 自閉症スペクトラム障害(自閉症スペクトラム症、ASD)は、発達障害の一つ
  • 自閉症、アスペルガー症候群、高機能自閉症などを含めて、自閉症スペクトラム障害と統合
  • 社会性がない、コミュニケーションの難しさ、想像力の欠如の特徴がある 

 

まず、発達障害や自閉症スペクトラム障害かもしれないと感じたら、保健師や小児科医、学校の先生に相談をしてみましょう。自閉症スペクトラム障害では、子供本人が一番困っています。

 

自閉症スペクトラム障害の特徴と、子供の困りごとを理解して、周囲がきちんと対応していくことで、子供本人の困りごとを減らすことが出来ます。

 

子供や親が悪いわけではありません。きちんと理解して、受け止めることが必要です。